AGA抜け毛、薄毛の知識と主要原因

エージーエーの主な原因は、「 DHTジヒドロテストステロン」と言われる雄性ホルモンだと言われています。事実、抜け毛、薄毛による脱毛部位には、このジヒドロテストステロンが高濃度にみられます。本文はAGA抜け毛、薄毛の知識と主要原因について紹介します。

DHTは、胎児期における雄性の外性器発達に関わる重要で強力な雄性ホルモンです。ところが、思春期以降には、抜け毛、薄毛やニキビ、前立腺肥大などの症状を引き起こす原因となります。

私たちの体内で日々分泌されているホルモンの1つに「テストステロン」と呼ばれる雄性ホルモンがあります。DHTはこの「テストステロン」が特殊な還元酵素により変化し、生成される雄性ホルモンです。そしてDHTに変換させる特殊な酵素は、「5αリダクターゼ」と呼ばれ、雄性の抜け毛、薄毛を引き起こす大きな原因であることも明らかになっています。DHTが生成されると、毛髪を作り出す毛乳頭細胞に存在する受容体(レセプター)と結びつき、発毛・育毛に関わる正常なサイクルを狂わせてしまうのです。

結果、通常2年から6年かけて維持されるはずの毛髪の成長期が短縮されてしまい、充分に成長を遂げる前の毛髪が脱毛を起こします。
さらに、DHTは皮脂の過剰分泌を引き起こし、抜け毛の原因になることもわかっています。

抜け毛、薄毛の主要原因となる「5αリダクターゼ」の活性度と毛乳頭細胞に存在する「受容体(レセプター)」の数は、遺伝によって決まるといわれています。
体内の5αリダクターゼの働きが活発(=テストステロンと結びつき、DHTを生成しやすい体質)かどうかは、父方母方関わらず、どちらかの親がその素養がある遺伝子を持っていれば、子供に遺伝する可能性が高いと言われています。