食生活から薄毛を防止できるように

♥納豆

納豆は、髪の素となる タンパク質を多く含み、大豆に含まれるイソフラボンは薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑制します。大豆には、皮膚の新陳代謝を促すビタミンB2も含まれるため、頭皮の環境改善にも役立ちます。

また、納豆だけに含まれる「ナットウキナーゼ」という栄養素には、血液をサラサラにする効果があると言われています。血液がサラサラになることで頭皮の血行促進が期待でき、髪の毛に栄養が届きやすい頭皮環境づくりができますね。

♥牡蠣

生牡蠣も、薄毛対策に効果的だといわれています。髪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質ですが、このケラチンを生成するには亜鉛が不可欠なのです。つまりタンパク質だけでなく亜鉛もしっかり摂取することが大切です。

亜鉛は牛肉、豚レバー、魚介類などに多く含まれますが、特に生牡蠣は群を抜いて亜鉛を多く含んでいます。

亜鉛は日頃摂取しにくく、特に男性に欠乏しやすい栄養素と言われています。髪の生成に必要な栄養素ですので、食べ物から意識して摂るように心がけましょう。

♥レバー

レバーは「栄養の宝庫」と言われる食べ物で、髪の主成分であるタンパク質を含むのはもちろん、頭皮の環境を良くするビタミンを多く含んでいます。

頭皮の新陳代謝を高めるビタミンB群、抗酸化作用により頭皮を丈夫にしてくれるビタミンAが多く含まれています。

つまり髪が丈夫に育つための頭皮の環境を作ってくれる素となります。

♥高野豆腐

高野豆腐は、ケラチンを生成するために必要な亜鉛が含まれています。

また、タンパク質も豊富です。ほかにも、薄毛の原因となる男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」の分泌を抑えるイソフラボン、血行を促進し栄養を運ぶように促すビタミンEが含まれます。

髪の主成分である「タンパク質」と、男性ホルモンの分泌を抑制する「イソフラボン」を多く含み、日頃摂取しづらい「亜鉛」も含んでいる栄養満点の食べ物です。

♥緑黄色野菜

緑黄色野菜には、髪に必要なビタミンが豊富に含まれています。

特に、抗酸化作用により頭皮の健康を保つビタミンA,頭皮の新陳代謝を促すビタミンB2などが多く含まれています。

緑黄色野菜の中でも、ホウレンソウや小松菜には血行を促進してくれる鉄分も豊富に含まれているので、摂取した栄養を頭皮に届ける手助けをしてくれるんですよ。緑黄色野菜には髪に必要なビタミンが豊富に含まれています。

♥ナッツ類

ナッツ類には、髪の毛の成長に必要なビタミンEが含まれています。ビタミンEを摂取することで、毛細血管を広げ血行を良くしてくれる効果が期待できるんですよ。

血行が良くなることで、血液の循環が悪い頭皮では届きにくかった必要な栄養素を頭皮までしっかり届けられるようになるので、薄毛対策にはぴったりの食材なんです!

♥柑橘類

レモンやグァバなどの柑橘類は、良く言われているようにビタミンCが多く含まれている食べ物です。

ビタミンCには、抗酸化作用があり、頭皮の状態を健康に保つことを助けてくれます。

また、コラーゲンを生成する働きもあるので、皮膚を丈夫にして老化を防ぎ、血管を強化してくれるんですよ。ビタミンCを多く含む柑橘類はコラーゲンの生成を助け、髪にハリやツヤを与えます。